日常生活のリスクマネジメント

私達の生活には常に事故や事件などのトラブルに巻き込まれる危険性があります。そういったトラブルに巻き込まれないためには、防犯対策アイテムやサービスについて知識を蓄え、事前に対応する事が重要なのです。

防犯用品の一例

  • 防犯ステッカー
  • 防犯ブザー
  • 補助鍵
  • 防犯砂利
  • 監視カメラ
  • センサーライト
  • 防犯ミラー
  • 防犯灯
  • 南京錠
  • ホームセキュリティ

自分でできる防犯と建物のセキュリティ

不審者や悪質なセールスなども防犯アイテムを導入することで不安を軽減することができます。人の目に付くところに防犯カメラがあれば、犯罪抑止になり私達の生活をより安全なものとすることができます。個人の住宅だけでなくマンションなどの集合住宅であれば死角も多い為、セキュリティ強化のためにも防犯アイテムを導入するべきなのです。

日頃からできる防犯対策

玩具の家と鍵

防犯のために

日常生活でできる防犯として、戸締まりをしっかりと行なう癖をつけましょう。空き巣は長時間の外出だけでなく、ゴミ捨てや見送りなど、ちょっとした時間にも被害が発生することがあるのです。

鍵の管理

鍵を紛失しないよう、日頃から注意してください。外出時に誤って落としてしまった場合、運良く見つかっても、見つかるまでの時間で合い鍵を作られている可能性があるのです。紛失時には、鍵とシリンダーの交換を検討するようにしましょう。

ドアチェーン活用

室内にいる時にトラブルに巻き込まれないためにも、知らない人が訪ねてきた時はドアチェーンやウインドアームを活用し容易に侵入できないようにしてください。

窓二重ロック

窓を閉めている時は、鍵が動かないよう補助鍵も活用してください。外からの侵入を難しくするだけでなく、小さなお子様が窓を開け落下する危険性も軽減できます。

[PR]
監視カメラをオフィスに設置!
セキュリティを万全にしよう

ホームセキュリティの導入で万が一のトラブルに対処する

泥棒

安心して住める家作り

私達が安全に生活できる住居にするためには、日頃の防犯意識と、住居のセキュリティを活用することが重要です。見通しの良さや防犯カメラの有無、照明の配置でも不審者に狙われにくい状態を作る事ができるのです。住んでいる地域で空き巣被害の報告があれば、他人事だと思わず防犯意識を高め、セキュリティの強化を検討しましょう。

セキュリティ

生活を見守る目を増やす

防犯カメラの設置は、不審者を威嚇するのに効果的です。証拠を残すためだけではなく、カメラがあることで近寄りづらい環境を作る事ができます。その為、イタズラに寄るトラブルや悪質なセールスにも効果があるとされるのです。実際に映像として保存するだけでなく、そこにあるだけでも意味があるので、ダミーカメラを設置する事でも効果が期待できます。

人形と錠前

警備保証のある生活

企業だけでなく個人の住宅でもまた、ホームセキュリティの導入は珍しくなくなっています。不審者の侵入だけでなく、急病で歩けない時やガス漏れの際に警備会社に連絡が入る事で対応してくれるのです。そういったセキュリティをより効果的に使うために、カメラやホームセキュリティを導入していることがわかるステッカーを貼ることでも、不審者を威嚇することができます。

広告募集中