老人

考えるということ

尿漏れ症状を緩和させませんか?多くの人が悩みを抱えている病気を、栄養たっぷりのサプリで改善できますよ。気になる商品をここからCHECK!

梅毒の感染の有無は、検査キットでも十分にわかります。悪化を防ぐ為にはまず検査からしっかり行ないましょう!

骨盤底筋を鍛える

困る

女性の尿漏れ患者のほとんどが腹圧性尿失禁だと言われています。これは、骨盤底筋の機能が何らかの原因によって正常に働かなくなることで引き起こされます。骨盤底筋というのは、骨盤や内蔵を支えるハンモックのような役割をしています。膀胱に腹圧がかかった状態でも、尿が漏れないようにコントロールするのが骨盤底筋の役割でもあります。つまり、腹圧性尿失禁で軽度のものは、骨盤底筋が正常に働くようになればうまく尿漏れをコントロールすることができるということです。骨盤底筋を意識してトレーニングすることにより、軽度の腹圧性尿失禁などは改善することが十分可能です。ただし、妊婦や産後の特殊なケースに関しては、トレーニングをするかどうかをしっかりと相談しておくことをおすすめします。

混合性尿失禁

腹圧性尿失禁は重い物を持ち上げた時、または咳やくしゃみによる腹圧が原因で尿漏れが引き起こされます。一方、切迫性尿失禁については尿を我慢できずに排出してしまう症状です。意に反した膀胱の収縮を伴うこともあり、コントロールがうまく出来ません。また、これら2つの尿漏れを合わせた混合型尿失禁もあります。混合型の場合、生活の質は著しく低下してしまい、外出中の不安感を拭うことが出来ません。ただちに泌尿器科など、尿失禁に関する診療を行ってるところに電話を入れて診てもらうことが大切です。混合型尿失禁の場合、切迫性尿失禁の治療には抗コリン薬が、後に腹圧性尿失禁が残っているようであれば別で治療を進めていくことになります。

泌尿器トラブル

困る

排尿や性器のトラブルは、早目に泌尿器科で原因を把握することが大切です。新宿には駅からすぐの所に泌尿器科が開設されており、気軽に立ち寄ることが出来ます。泌尿器科領域の病気は現在増える傾向にあり、今後は診療施設もさらに増加するでしょう。

詳細を確認する

尿失禁のあれこれ

医者

尿漏れは誰でも発症する病気である。羞恥心や一時的なものだと信じ、深刻に感じていない患者も多い。それでも、少しずつ尿漏れに対する認識は変化している。腹圧性尿失禁は出産が契機となることが多い。妊娠中、産後の骨盤底筋トレーニングは必ずかかりつけの先生に相談する。まずは診療を受けることが大切。

詳細を確認する

尿失禁は病気です

看護師

腹圧性の尿漏れは出産経験者が多く発症しやすい人には特徴がある。症状が悪化しないためにも意識することは大切である。骨盤底筋は手軽に行えることから人気が集まりやすい。継続することが大切であり、無理のないレベルで続けることが大切である。

詳細を確認する