防犯対策とトラブル防止!マンションに防犯カメラを設置する

防犯カメラ

防犯カメラをマンションに設置するメリット

多くの人が出入りするマンションで、防犯カメラを導入するメリットは多くあります。防犯カメラで犯罪を記録する事はもちろんですが、犯罪を事前に防ぐ効果も期待できるのです。不審者はカメラに映ることを嫌がりますし、悪質なセールスもその手口を記録される事を避ける為、共有スペース等のわかりやすい場所にカメラを設置する事で犯罪抑止効果があるのです。

防犯カメラ

カメラ設置での注意点

セキュリティ上のメリットが多い防犯カメラですが、設置する上で注意することがあります。それは、マンション居住者や近隣のプライバシーに関する問題です。カメラを設置する上で明確な規制はありませんが、気分を害した人がプライバシーの侵害を訴え、撤去を要求する事例もあります。その為、住人や関係者の理解を得た上で導入する必要があるのです。

マンションでの効果的な設置場所

婦人

エントランス出入り口

人の出入りが多い場所です。設置する場合は外を撮るか内を撮るか考えて設置します。例えば道路に面している入り口と、通りを監視する場合や、内側であればエレベーターホールやポストを撮影する方法があります。

駐車場

事故やイタズラなどトラブルが多い場所です。犯罪だけでなく、カメラに写りながら堂々とイタズラしようとする人もいないため、死角がなくなるよう設置する事で高い効果を得られます。

エレベーター内

密室となるエレベーターは人目が無いため、色々なトラブルが発生します。不審者だけでなく住居者間でのトラブル防止にも期待できる箇所となります。

広告募集中